キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 年代別に見る最近の婚約指輪事情 : 婚約指輪大百科

年代別に見る最近の婚約指輪事情

婚約指輪大百科

最近は若い年代に婚約指輪を贈答しないケースが増えているようです。

年代別に見る最近の婚約指輪事情

ふたりの永遠の愛の証として贈られる婚約指輪。

日本では戦後普及し、「給料の3カ月分」などという名言も残しました。

婚約指輪に夢を見ている女性も少なくないのではないかと思います。

ところが、そんな婚約指輪事情に変化が見られています。

2006年に行われたシチズンの意識調査の「現代結婚指輪事情アンケート」の結果を見ると、興味深いことが分かりました。

婚約指輪の贈答については、全体の約70%が「贈った(貰った)」と回答しています。

まだまだ婚約に指輪を贈答する習慣を重視している人が多いということが分かります。

ところが、これを年代別に見ると、50代・40代では約80%であるのに対し、30代・20代では約60%に留まっているのです。

実際に指輪を必要ないとする人は増えているようです。

その理由として、「指輪はふたつも要らないから」「日常的につけられないから勿体ない」「どうせなら結婚指輪にこだわりたい」という現実的で合理的な理由が目立ちます。

結婚指輪にこだわりを持つ女性が増えてきているとも言えるでしょう。

代わりにネックレスなど違うものを贈るケースも増えてきているようです。

とは言え、現代の日本ではまだまだ婚約指輪が婚約の証とする風習が一般的です。

最近では普段使いできるデザインの指輪も登場しています。

婚約指輪を買わないことも選択肢のひとつですが、一生の記念になる物ですから二人でしっかり考えて納得のいく判断をしたいものですね。

メインメニュー

プロフィール

名前:会田 陽子

生年月日:12/8

・出身:宮城県で生まれ神奈川県で育つ
・趣味:ネットサーフィンが好きです
・連絡先:aida_youko64 y76@zoho.com

Copyright http://www.raqsla.com/ All Rights Reserved.